背ネームとは?クラスTシャツに使えるおもしろいアイデア例や決め方・注意点もご紹介

体育祭や文化祭など、学校のイベントに欠かせないクラスTシャツ。最近のクラスTシャツのデザインは「背中に入れる文字」で個性を出すのがトレンドです。そこで今回は、クラスTシャツに使えるおもしろい背ネームのアイデアをまとめてご紹介していきます。背ネームの決め方や注意点も合わせて解説しているので、最後までチェックしてみてくださいね。

スリスリくん

背ネームの決め方、気になりマス!

背ネームとは?読み方・決める際の考え方などを解説

クラスTシャツのデザインで最近人気の「背ネーム」。そもそも背ネームとは何なのでしょうか?ここでは背ネームの意味や読み方、決める際の考え方などを解説していきます。

背ネームとは?意味や読み方の解説

背ネームとは、クラスTシャツやユニフォームの背中に入れる言葉のこと。『背(せ)ネーム』とも『背(はい)ネーム』とも読めますが、一般的には『背(せ)ネーム』と読むことの方が多いようです。以前はシンプルに名前を入れるだけのデザインが主流でしたが、最近ではニックネームや好きな言葉を入れるのがトレンドになっています。

背ネームの魅力は?

背ネームの魅力は何といっても自分らしさをアピールできるところ。クラスTシャツはみんなでお揃いのデザインを着るものですが、せっかくのイベントだからこそ、そんな中でも自分らしいアレンジを楽しみたいですよね。バックプリントでさりげなく自分らしさをアピールできる背ネームは、体育祭や文化祭といった年に一度のイベントを盛り上げるのに大活躍してくれますよ。

背ネーム決める際の注意点

背ネームを決めるときには、いくつかの注意すべきポイントがあります。一つ目は、背ネームの文字数は10文字程度にするということ。バックプリントの範囲は限られているため、文字数はなるべく少なくするのがおすすめです。10文字以上にした場合、一文字のサイズが小さくなり、遠くからでは読めなくなってしまう可能性があります。パッと見たときにもすぐに伝わるように、なるべくシンプルな言葉を考えるようにしましょう。

2つ目のポイントは、背ネームに入れる言葉には難しい漢字を使わないということ。こちらも先ほどと同様の理由で、画数の多い漢字を使うと書いてある言葉が読みづらい可能性が出てきてしまいます。四字熟語などであえて難しい漢字を使う場合を除いて、基本的には簡単な漢字やひらがな・カタカナなどを組み合わせるのがおすすめです。

3つ目のポイントは、同じ言葉の人がいないか確認をするということ。一人ひとり違う言葉を入れることができる背ネーム、せっかくならデザインが被っていない方が良いですよね。クラスTシャツを作る際には、最終チェックとして同じ言葉になってしまっている人がいないか確認をするようにしましょう。あわせて、背ネームの言葉が間違えていないか確認するのも大切です。

おすすめのおもしろい背ネームアイデア

ここからは、クラスTシャツにおすすめの背ネームアイデアをご紹介します。カテゴリーごとにまとめているので、自分にぴったりな言葉を見つける参考にしてみてくださいね。

クラスTシャツの背ネームアイデア「流行語」

背ネームの定番といえば流行語。トレンドの言葉は誰にでも伝わりやすく、会話のネタにもなりやすいのが魅力です。流行語をそのまま使うのはもちろんのこと、アレンジを加えて自分なりの言葉に変えてみるのもおすすめです。例えば「高校生最新トレンドランキング」では、以下のような言葉がランクインしています。

1位「しんどw」
2位「だるぅ」
3位「知らんけど」
3位「大丈夫そ?」
5位「きまZ」

出典:渋谷トレンドリサーチ

クラスTシャツの背ネームアイデア「ペア・グループ」

背ネームで最近人気なのがペアやグループで揃えるデザイン。お揃いの言葉にしたり、会話形式の言葉を入れたりすることで仲の良さをアピールできるのが魅力です。通常の背ネームは10文字程度が目安になりますが、ペアやグループ形式にすればさらに長い文字を入れることができるのも嬉しいですね。ペア・グループの背ネームアイデアには、以下のようなものがあります。

名前の頭文字を取って〇〇××
〇〇LOVE / ××LOVE
〇〇依存症 / ××依存症
大好き→ / ←知ってる
sinθ/ cosθ/ tanθ

クラスTシャツの背ネームアイデア「推し活」

自分の好きな言葉を入れることができる背ネームは、推し活との相性バッチリ。クラスや学年を超えてアピールできるため、新しい推し活仲間と出会うきっかけにもなってくれますよ。好きなアイドルやキャラクター、さらには学校の先生まで、自分の推しをみんなにも広めていきましょう。推し活の背ネームアイデアには、以下のようなものがあります。

〇〇しか勝たん
〇〇が優勝
〇〇の嫁/旦那
〇〇の妹/弟
今日も今日とて〇〇が尊い

クラスTシャツの背ネームアイデア「ネタ系」

見ただけでクスッと笑えるネタ系の言葉も背ネームでは大人気。以下のような言葉と組み合わせることで簡単に作れるので、これぞ!というものが思いついたらぜひ背ネームに入れてみてくださいね。

永遠の〇〇
来世は〇〇
圧倒的〇〇
〇〇ガール
〇〇常習犯

背ネーム入りクラスTシャツを作るならSUZURIがおすすめ

背ネーム入りのクラスTシャツを作りたい方にはSUZURIがおすすめです。ブラウザやアプリから画像一枚をアップロードするだけで、本格的なクラスTシャツを簡単に作ることができますよ。

SUZURIのTシャツの特徴

SUZURIで作成できるTシャツは全部で11種類!それぞれのTシャツごとに特徴が異なるため、下記の一覧を参考にぴったりのアイテムを作成しましょう。

Tシャツの種類特徴
スタンダードTシャツ定番・一番人気の綿100%で高品質なTシャツ。豊富なサイズ展開が魅力。両面印刷に対応。
ヘビーウェイトTシャツSUZURIで最も厚手の7.4オンス。透けにくく、洗濯耐久性も抜群。両面印刷に対応。
オーバーサイズTシャツ存在感のあるシルエット。今っぽいコーディネートの主役に。両面印刷に対応。
ビッグシルエットTシャツワイドかつショート丈の絶妙なサイズ感。両面印刷に対応。
フルグラフィックTシャツデザインを360°思い切り楽しめる全面プリント。両面印刷に対応。
オーガニックコットンTシャツ環境にやさしく、やわらかな肌ざわり。両面印刷に対応。
ドライTシャツサラッと爽快に。吸水速乾・UVカット性能に優れ、スポーツ時にも最適。両面印刷に対応。
ウォッシュTシャツソフトな肌触り。味のある色の変化を楽しめる、古着のような風合い。両面印刷に対応。
リンガーTシャツ襟と袖のカラーが特徴。こなれ感のあるレトロな雰囲気を演出。
ロングスリーブTシャツ袖プリントがイチオシ。1枚でもレイヤードでもオールシーズン大活躍。両面印刷に対応。
ビッグシルエットロングスリーブTシャツ身幅の広いタフな生地でゆったりとした着心地。両面印刷に対応。

SUZURIでTシャツを作る手順のご紹介

SUZURIを使ったTシャツの作成は3ステップでとっても簡単です。実際の画面を見ながら確認していきましょう。

STEP1 画像をアップロードしよう

まずは「画像アップロード」から、あらかじめ用意していた画像を登録します。アプリを利用している場合、その場で撮影した画像も使用可能です。

STEP2 販売するアイテムを選ぼう

作成できるアイテムの一覧が出てきます。作りたいTシャツにチェックを入れて「アイテムを販売する」を選択しましょう。

STEP3 名前・価格を決めよう

Tシャツの名前と価格を設定します。原価での販売ができるため、クラスTシャツの場合は「トリブン」を0にするのが良いでしょう。また非公開にチェックを付けることで、自分以外のユーザーからはアイテムが見えないようにすることもできますよ。

完成したTシャツはマイショップから購入可能です。注文後、1週間程度(土日祝を除く)で発送されます。

まとめ

今回は、クラスTシャツに使える背ネームのアイデア例や決め方・注意点をご紹介しました。自分にぴったりの背ネームを見つけて、体育祭や文化祭など年に一度の学校行事を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA