ステッカーでスマホケースを簡単アレンジ!貼り方や剥がれにくくする方法も解説

自分らしいスマホケースを使いたいという方に人気のオリジナルスマホケース。作るのが難しいイメージもありますが、実はステッカーやシールでアレンジするだけで簡単に作成できるんです。そこで今回は、ステッカーやシールを使ったスマホケースのアレンジをご紹介。貼り方のコツや剥がれにくくする方法も合わせて解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スリスリくん

ステッカーやシールならボクにもできそうデス!

ステッカー/シールでスマホケースをアレンジする方法は2つ

ステッカーやシールを使ったスマホケースの作り方には、大きく分けて2つの方法があります。

ステッカー/シールをスマホとケースの間に挟む

ステッカーやシールをスマホとケースの間に挟むアレンジは、気分やタイミングに合わせて中身を入れ替えられるのが魅力です。お気に入りのステッカーやシールは、貼るとなると躊躇してしまいますが、挟むだけなら気軽に使えるので良いですね。詳しいやり方は、こちらの記事でご紹介しています。

ステッカー/シールをスマホケースに貼る

ステッカーやシールをスマホケースに直接貼るアレンジは、スマホ本体のカラーやスマホケースのデザインを活かせるのが魅力です。直接貼っているため後からのデザイン変更ができなくなってしまいますが、その分、貼り方の種類が沢山あったり経年変化を楽しめたりと、実際に貼っているからこその利点があります。今回はこちらの方法について詳しく解説していきます。

ステッカー/シールのおしゃれな貼り方

アレンジの方法はとっても簡単で、お気に入りのステッカーやシールをスマホケースに貼るだけ。普通に貼るだけでもおしゃれな仕上がりになりますが、スマホケース全体のデザインを意識することでさらにクオリティーを上げることができます。

大きめのステッカー/シールをカットして貼る

大きなステッカーやシールの場合は、スマホケースからはみ出るように貼って、余った部分をカットするという方法がおすすめです。サイズが合わないからと、つい候補から外してしまいがちな大きなステッカーやシールも、あえて見切れるように貼ることでおしゃれなデザインに仕上げることができます。

▼用意するもの
・スマホケース(クリアタイプまたはハードタイプがおすすめ)
・お好きなステッカー
・カッターまたはハサミ

大きめのステッカー/シールの貼り方

大きいステッカーやシールは少し斜めに貼ることで程良い見切れ具合になり、デザインとしておしゃれに仕上がります。

カメラホールやケースからはみ出た部分は、カッターやハサミを使って綺麗に切り取りましょう。

簡単にスマホケースをアレンジすることができました。

ワンポイントでシンプルに貼る

お気に入りのステッカーやシールを持っている場合、一枚だけをシンプルに貼るのがおすすめです。スマホケースもなるべくデザインの少ない無地のアイテムにすることで、ステッカーやシールが持つ魅力を最大限に引き出すことができますよ。ケースに余白を持たせてスッキリとした印象にするためにも、あまり大きすぎないサイズを選ぶのがポイントです。

複数枚のステッカー/シールを重ねて貼る

ステッカーやシールを沢山持っている場合、ステッカーボムという貼り方がおすすめです。ステッカーボムとはスマホケースいっぱいにステッカーやシールを重ねて貼るデザインのこと。カラフルな色の重なり合いがおしゃれで、既製品にはない印象的な仕上がりになります。ステッカーやシールを貼る前に、全体のテーマやレイアウトを決めておくことがポイントです。

スマホケースのデザインを活かして貼る

無地以外のスマホケースを使う場合には、ケースのデザインに合わせたステッカーやシールを貼るのがおすすめです。特にシンプルなイラスト同士でまとめると相性が良く、遊び心を感じるおしゃれなスマホケースを作ることができます。

スリスリくん

ボクでもできそうデシた

ステッカー/シールが剥がれないようにするコツ

ステッカーやシールのアレンジで気になるのが、使っているうちに剥がれてしまうのではないかということ。もちろん、何年も使っていればいつかは剥がれてしまいますが、ちょっとしたコツを知っていればすぐに剥がれてしまうという心配はなくなります。

スマホケースの素材にこだわる

様々な素材でできたスマホケースたち。実はその中には、ステッカーやシールが定着しにくい素材のものもあります。例えば、シリコンやレザー、布でできたスマホケースはステッカーやシールが剥がれやすい傾向にあり、今回ご紹介したアレンジには向いていません。ステッカーやシールの定着しやすさで考えると、TPUやプラスチック、アルミ素材で作られたスマホケースを選ぶのがおすすめです。

ステッカー/シールを貼る前にスマホケースを綺麗にする

スマホケースに埃や傷が付いていると、ステッカーやシールが上手く張り付かないことがあります。そのため、スマホケースはなるべく新しいものを使うようにしましょう。既に使用しているスマホケースに貼る場合は、直前にクリーナーなどを使って綺麗な状態にしてあげることで剥がれにくくなりますよ。

デコパージュ液やUVレジンでコーティングする

剥がれにくくなったとしても、スマホケースを使用しているうちにステッカーやシール自体は少しずつ擦れていってしまいます。綺麗な状態をなるべく保ちたい場合には、デコパージュ液やUVレジンで上からコーティングしてあげるのが良いでしょう。ケース全体に光沢が出て、より本格的な仕上がりにもなります。

SUZURIなら画像一枚でオリジナルステッカーやスマホケースを作成できる

SUZURIは、ステッカーやスマホケースなど様々なオリジナルグッズを画像一枚で簡単に作成・販売できるサービス。SUZURIで作成したオリジナルステッカーやオリジナルスマホケースを使えば、さらに自分らしいアレンジを実現できますよ。

SUZURIのステッカーの特徴

SUZURIで作成できるステッカーは、塩ビ(白色/グロス)+PET素材でできており、耐水性もある丈夫なつくりとなっています。さらに、貼り直しもしやすいため、スマホケース作りにもぴったりです。ステッカーのサイズは最大で8cm×8cmまで対応しています。

耐水性の丈夫さがイメージしやすいように写真を準備いたしました。こちらの写真は、SUZURIスタッフが新品の市販のタンブラーにSUZURIのステッカーを貼ったものです。毎日の水洗いと中性洗剤でタンブラーはボロボロですが、ステッカーは一切の剥がれておりません。このような耐水性の丈夫さが特徴です。

SUZURIのスマホケースの特徴

SUZURIで作成できるスマホケースは、ハードケース・クリアスマホケース・ソフトクリアスマホケース ・手帳型スマホケースの4種類。軽くてスリムでありながら機能性も高く、大切なスマホをしっかりと守ってくれます。落としても安心です。

SUZURIでオリジナルグッズを作る手順のご紹介

SUZURIでオリジナルグッズを作る手順はとっても簡単。3ステップでご紹介します。

STEP1 画像をアップロードしよう

まずは、ブラウザまたはアプリから自分で作ったイラストや写真をアップロードします。ファイル形式はjpgでも背景を透過したpngでも、どちらでもOKです。

STEP2 販売するアイテムを選ぼう

続いて、ステッカーやスマホケースなど作成したいアイテムを選択します。編集画面では、画像の拡大縮小や配置の調整ができるため、お手持ちの画像そのままでイメージ通りのアイテムを作れます。

あらかじめ画像を作成しておきたい方は、こちらからアイテムごとの推奨サイズの確認やテンプレートのダウンロードもできます。

 STEP3 名前・価格を決めよう

デザインが決まったら価格を設定します。SUZURIでは「トリブン」という項目で原価にプラスした販売価格を決めることができます。ひとまず自分の分だけ作りたいという場合は、「トリブン」を0にするのが良いでしょう。

最後に「本当に販売しますか?」という確認が出てきます。権利侵害や契約違反をしていないことを再度確認して、問題がなければ完成です。

まとめ

今回は、ステッカーやシールを使ったスマホケースのアレンジについてご紹介しました。一度貼ったステッカーやシールは、綺麗に剥がせたとしても粘着力が弱くなり、再利用するのが難しくなってしまいます。今回のアレンジを試す際は、その点だけ注意が必要です。お気に入りのステッカーを貼って自分だけのスマホケースを作成してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA