ホワイトインクジェットってどんなプリント方法なの?

本日は、クリエイターのみなさまからよくご質問をいただく、ホワイトインクジェットプリントについてお答えします!
ぜひ、アイテムをつくるときの参考にしてみてください。

SUZURIのインクジェットプリントには、「ホワイトインクジェットプリント(ホワイトインクあり)」と「インクジェットプリント(ホワイトインクなし)」の2種類があります。

ホワイトインクジェットプリント(ホワイトインクあり)

「ホワイトインクジェットプリント(ホワイトインクあり)」では、白色のデザインが再現でき、下地としてホワイトインクを敷いた上からカラーインクを乗せるので、発色がよく仕上がります。

※白色のスリスリくんが表現できています。

例えば白色が含まれる動物やキャラクターを使ったデザインの場合、ホワイトインクジェットプリント対応のアイテムを選ぶと白色がプリントできます。

インクジェットプリント(ホワイトインクなし)

「インクジェットプリント(ホワイトインクなし)」の場合、白色のデザインは透過されて再現されませんが、プリントが生地に馴染んだ自然な風合いになります。

※白色のスリスリくん部分は、インクが乗らずスウェット本体の色のままになっています。

例えば、生地の風合いを活かしたり古着っぽい自然な雰囲気にしたい場合におすすめです。また、価格が少し抑えられます。

主なファッションアイテムのプリント方法

 ホワイトインクジェットインクジェット昇華転写
Tシャツ〇(濃色)〇(淡色)×
ビッグシルエットTシャツ××
オーガニックコットンTシャツ××
ドライTシャツ××
リンガーTシャツ××
ウォッシュTシャツ××
フルグラフィックTシャツ××
ロングスリーブTシャツ〇(濃色)〇(淡色)×
ビッグシルエットロングスリーブTシャツ××
パーカー〇(濃色)〇(淡色)×
ジップパーカー〇(濃色)〇(淡色)×
ビッグシルエットパーカー〇(濃色)〇(淡色)×
スウェット〇(濃色)〇(淡色)×
ビッグシルエットスウェット〇(濃色)〇(淡色)×
    
※濃色、淡色はアイテム本体を指します   

まとめ

自分が表現したい色、デザインによって合うプリント方法が変わってきます。
「白色のデザイン」をプリントしたい場合は、ホワイトインクジェットプリント対応のアイテムをお選びください。

※インクジェット、ホワイトインクジェット両方に対応しているアイテムは、お手入れ画面で販売する本体カラーを選ぶことで、プリント方法を絞ることができます。
販売カラーの設定方法

いかがでしたでしょうか?今回はホワイトインクジェットプリントについて解説いたしました。
各アイテムのプリント方法の特徴を踏まえた上で、ご自身の希望に沿った印刷方法でグッズを作ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA